意外と知らない!?内祝いとはお祝いを頂いた時のお返し【The Best Gifts】
HOME>人気記事>意外と知らない!?内祝いとはお祝いを頂いた時のお返し

お祝いはお返しが重要

結婚や出産などのお祝い事の時には、会社の上司や親戚にお祝いをいただくことが多いと思います。そんな時に検討しなければいけないのが内祝いです。基本的な内祝いについての知識や内祝いの選び方についてまとめていますから、見ておきましょう。

内祝いの王道!カタログギフトVSスイーツ

カタログギフト

カタログギフトの中には様々な種類があるので相手の好みに合わせる必要がありません。ですので、手間なく満足度の高い内祝いと言えるでしょう。しかし、カタログから選ぶ作業が人によっては面倒と感じることもあるようです。

スイーツ

すぐに食べられるというのが好きな人にとっては嬉しい内祝いです。しかし、スイーツは好みが分かれますので、贈る人の好みはチェックしておきましょう。

プレゼント

お祝いを頂いた時には

結婚や出産などでお祝いをいただいた際には、内祝いとしてお返しをするのが一般的です。しかし、ただお返しすればよいというわけではありません。お祝いを贈る際と同じように、内祝いにも色々と気をつけなければならない事があるのです。例えば出産祝いをいただいた場合、いただいたお祝いの3分の1から2分の1ほどの金額の品をお返しするのが良いでしょう。お祝いに対して内祝いが高額過ぎると先方も恐縮してしまいますし、反対に安過ぎるのも失礼です。また、出産祝いをいただく時期は何かとあわただしい時期でもありますが、内祝いの贈り忘れもしないようにしたいですね。

先方の事を考えたお返しを

内祝いの品物選びでは、先方にとって不要なものを贈ってしまわないよう、生活環境や家族構成なども考慮するようにしたいですね。例えば若い人にとっては嬉しい品でも、ご年配の方の好みには合わないものもありますし、逆も考えられます。また、結婚の内祝いでありがちな名入りの雑貨は、受け取る側にとっては使い道に困るものです。名入りの内祝いにするのであれば、食べ物や消耗品など、形が残らないものにとどめておく方がよいでしょう。インテリア雑貨なども好みがありますし、消費期限の短い食べ物などもなるべく避けた方が無難ですね。内祝いに何を選べばよいか悩んだ時には、カタログギフトもおすすめですよ。

広告募集中